エコノミー航空券の荷物上限と超過荷物の料金

航空券の種類によっても預けられる荷物の個数、重量が異なるのをご存知でしょうか。
国内線は飛行機のクラスによってひとつの荷物の大きさに決まりがあり、総重量は10キロまでと決められています。

しかし国際線はエコノミーよりはビジネス、ビジネスよりもフゼストというように、航空券の種類によって持ち込める荷物の量も異なるのです。

超過荷物は別料金がかかりますし、追加料金を払えば無限に超過できるわけではありませんので、荷物の量よってはエコノミーよりもビジネスクラスにしたほうが良いこともあります。
仮に上限一杯の荷物を超える場合、別途船便を手配するなどの必要が出てきてかえって高くつくこともあるからです。


たとえばある航空会社では、エコノミークラスで持ち込める荷物の総重量は20キロなのに対し、フゼストクラスなら40キロ、つまり倍の荷物を一緒に飛行機に載せることができます。
航空会社によって規定には若干の違いがあり、1人いくつまでで1つあたりの最大重量を決めているところもあれば、個数に関係なく総重量で制限しているところもあります。
20キロや40キロとなると相当な重量ですのであまり心配はないと思いますが、海外で長期滞在を考えている方などはあれもこれもと荷物が多くなってしまうこともあります。
また重くなくても大きいものは規制に引っかかる場合もあります。
海外へ多目の荷物を持って行く予定のある人は事前に航空会社の規制をよく確認するようにしましょう。

航空券を買うときには超過荷物の扱いも調べて

預ける受託荷物が重量を超えていると言われ、スーツケースを開いて、重そうな荷物を手荷物に入れている人を見たことがあります。
私の友人も超過荷物で、せっかく買った思いジャムを空港に置いてきた経験があると話していました。
私自身も、持っていた航空券の手荷物が20キロが制限だったのに、荷物をカウンターの横に置いてふと見ると27キロもあって青くなったと言うことがありました。
その航空会社はそれ程厳しくなかったようです。

今は、かなり厳密に計量を行って、超過荷物には超過手荷物料金を徴収するようです。


昔はだいたいの航空会社はエコノミークラスの受託荷物は20キロを制限にしていましたが、最近はそれぞれの航空会社で違いが出てきたようです。

エコノミークラスでも23キロの荷物を二つまで預けることができるところもありますが、20キロまでのものを一つと言うところもあります。
大きさは荷物の縦・横・高さの和で決められているようですが、292センチから158センチのところまで、さまざまです。

超過荷物となったときには超過料金を払うことになりますが、これも航空会社によってさまざまです。

超過の重量に対して払うところもありますが、持ち込み個数が超えた場合にも払う必要のあるところもあります。
また、LCCの中には航空券によっては受託荷物はすべてすべて有料と言うところもあります。

たくさんの荷物があるときには、超過料金を払うより、ビジネスクラスで行った方が得と行ったこともあるようです。

航空券を買うときには、時間や機内サービス、価格だけではなく、どれくらいの受託荷物を預けることができるのか、超過料金はどのような仕組みになっているのかを確認して購入したいものです。

航空券が安くても超過荷物に注意しよう

荷物に重量に関して厳しくなったのか緩くなったのか、私の意見としては両方です。

以前、国際便ではエコノミーシートだと預かり手荷物は20キログラムまで1個でした(アジア線)。
ただし、多少オーバーしても超過料金は取られず大目に見てもらえる風潮でした。
とはいえ、既定では1キログラムオーバーするごとに約30ドル払わなくてはいけない旨が航空券に書いてあり、びくびくしていました。
ところが、数年前から重量に関してはきっちり量る代わりにエコノミーシートでは預かり手荷物は2個。
それぞれが23キログラムまでと大幅に良化しました。
今までと同じ感じならばこれで十分なので重量におびえることはないのですが、一度甘い蜜を吸ってしまうと、今度は現地で買い物をする量が増えました。

やはり、既定改定後も出発前にはホテルで体重計を借り、しっかり計測しています。
もし超過してしまった場合、機内持ち込み荷物に入れるかEMSで送るかを考えます。
機内持ち込みは通常は量られることはありません。
だから、機内持ち込み荷物に入れるのが常だったのですが、先日乗ったフライトでは何と荷物を預けるときに機内持ち込みの荷物を量ると言われてしまいました。
ちょっとオーバーしていたので、あやうく超過荷物になりそうになりましたがもう預かり手荷物の方も23キログラム×2だったので、途方に暮れていると今回だけは超過料金なしで済ましてもらえましたが、ラッキーというよりは今後の旅行は注意しなければならないと思いました。
そういうわけで、これを読んだ方は自分だけは大丈夫だろうと思わずに何でもきっちり量った方がよさそうです。

格安航空券で荷物が超過荷物の場合

国際線の航空券を購入した場合、シートのクラスによって、荷物を預ける重量制限が変わってきます。
そして、アジア路線と、アメリカや欧州路線などでも、その重量は変わります。
重量が規定よりも、超えてしまうと、超過荷物扱いになってしまい、エクストラチャージを払う羽目になってしまいます。
せっかく航空券は格安チケットを手に入れたのに、超過荷物で余計なお金を払うことほど、バカらしいものはありません。

以前に、アメリカを旅行した時、友人が思いのほか買い物を沢山してしまい、案の定空港のカウンターで、グランドホステスに荷物の重さを指摘されて、超過荷物所料金を払わされていました。
その時は、アメリカ国内での移動の飛行機でしたので、国際線ほど料金は取られませんでしたが、それでも、通常はタダで預けられるのに、お金を取られるなんて、と友人も嘆いていました。
しかも、彼女のスーツケースのタグには「HEAVY」と大きく書かれた札が貼ってありました。
これには二人で大爆笑してしまいました。

海外旅行では、とかく荷物が増えてしまいがちなので、この重量に関しては、細心の周囲が必要です。

でも、扱う人によっては、3キロくらいオーバーしても、了承してくれる人もいます。
機内荷物は、なるべく少なくして、身軽でその後動きたいので、出来るだけスーツケースに、全てのモノを入れたい派の私としては、そのように融通をきかせてくれるグランドホステスの方だと、非常に嬉しく思います。
あとは、出来るだけ丁寧な姿勢で、お願いしてみて、今回だけ、と交渉するのも良いかと思います。

航空券を手にして帰国する時には超過荷物に注意を

特に、初めての海外旅行という事であったり、新婚旅行というような場合には、えてしてお土産など現地でかいこんでしまうということが多いものです。

スーツケースにお土産を入れるスペースをしっかりと確保しておいたはずなのに、それを上回るようなお土産品があって、詰め込むのに一苦労。
最終的に全部詰め込んでホッとしていたら、詰め込むはずの自分の洋服などが全部床にまだ置かれていたというような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
できれば空港ではスマートに、パスポートと航空券を片手に持ってすっと帰国したいというふうに感じている人がほとんどだと思いますが、こういった荷物が多い場合にはそんな簡単に帰国できない場合もあるものです。


航空券を持って、いざチェックイン。
重くたわんだような形に見えるスーツケースをチェックインカウンターにあづけたら、重量オーバーという悲しい現実が見えてきてしまう場合も。
どうしたらいいのかと思わず、全身がフリーズしてしまう人もいるのではないでしょうか。
海外旅行のガイドブックには、こういった対応方法というのがあまり書いてあるものでもないですし、マニュアル好きの人にとってはマニュアル以外の対応というのはすぐにどうしたらいいのかわからないということもあるのではないかと思います。
私自身がその一人でしたから。
その時には本当に固まってしまったのをよく覚えています。

そもそも、オーバーした分の金額を支払えば、荷物は贈れるということにもなるのですが、そういった知識というのもすっかりと動揺して忘れていましたし、意外にもその金額が高いということに気が付いたので、それこそ脱兎のごとく、不用品と思われるものをスーツケースから出して、処分する方法を取ることにしました。
本当に破れかぶれという状態でしたので、恥も外聞もなかったのですが、できれば帰国の時にはスマートに帰国するほうがいいですね。
まずは最初にスーツケースの重さなどをしっかりと把握してから旅行にでかけるということをお勧めしたいと思います。
そして、現地であと何キロ持ち帰れるかという大体の把握をしてからお土産を購入するということがベストな方法になるのではないでしょうか。
超過荷物をできるだけへらすためにも、いらないものは現地で処分するとか方法を探して旅行してみるというのも、改善できる方法となると思います。

国内の航空券を高い時期でも安く買う方法

航空券で国内旅行をしたいとき、季節によって運賃が変化するのは皆様もご存知だと思います。しかしその中でも特別に高くなる時期が3つあります。それはゴールデンウィーク、お盆、そして年末年始です。この時期は一気に価格が跳ね上がります。この時期に限っては、早割りのような事前購入割引から除外されています。そこでできるだけ安く航空券を買うにはどうしたらよいかを考えたいと思います。まずは、株主優待券を使うことです。航空会社の株主優待券を使えば、普通運賃の50パーセントで購入することができます。でも株主じゃないし、という方も安心してください。この株主優待券は金券ショップなどでも販売されています。使い方にもよりますが、平均して片道で5000円強お得になるようです。そして次は、新規航空会社を利用するということです。大手ではなく新規航空会社の場合は、ネットワークに偏りがありますが、うまいこと希望路線があれば、大手よりは安く国内へ行けます。

国内の航空券を安く手に入れる方法

航空券はとり方次第で値段が変わってくる。
国内の航空券は、旅行はもちろんのこと
県外の友人に会いに行ったり、就職活動や仕事の出張で
飛行機に乗るために購入する機会が多いのではないだろうか。
どうせ同じように飛行機に乗るのなら、少しでも安いほうがいいはずだ。
そこで国内の航空券を安く手に入れる方法を紹介します。
基本的には利用者の多い大型連休やお盆、年末年始は高い。
なのでなるべく避けると良いが、目的によっては、そうはいかない場合もあるだろう。
まずは、「搭乗日より早い時期に航空券を購入する」こと。
28日前までに購入すれば通常の金額よりかなり安く手に入れることができる。
また、区間や時期によっては45日前までに購入するとさらに安くなる場合もある。
ホテルを利用するのであれば、ホテルも早めに予約しておくと良いだろう。
次に「ホテルと航空券のセットを購入する」こと。
ホテルも利用する場合は、こちらが良いかもしれない。
ただこの方法だと、選べるホテルは限られてくる。
特にこだわりがないのであれば問題ないだろう。
「早く航空券を取る」方法と、「ホテルとのセットで取る」方法。
どちらが安いかは、区間や時期によって変わってくるので
インターネットなどを使って比較すると良い。

« Older Entries